ABOUT US

はじめまして...MKhomeです。

このたびはMKhomeにご興味を持って頂き誠にありがとうございます。
わたしたしはお客様が20年後にMKhomeで建ててよかったと感じられる
家づくりを真剣に目指している会社です。

COMPANY

MKhomeについて


MKhomeは静岡県菊川市にある建設会社「株式会社牧野組」の住宅不動産部門です。株式会社牧野組は、昭和23年の個人創業以来65年余りの歴史の中で、国・静岡県・菊川市発注の公共土木工事、公共建築工事や企業・個人のお客様の土木・建築工事、太陽光発電設備の販売、施工を展開し、長年に渡り、この地域に密着したお仕事をさせて頂いている会社です。MKhomeの家造りに役立つ技術やノウハウ、施工に対する信頼は、ここでしっかりと培われたものです。

 
   
     
 

START

なぜ建設会社が住宅をはじめたのか


私たちはこの地域に住まわれる方が、無理なく買える価格帯で、その家に帰るのが楽しいとか休みの日に今度友達を
呼んで家でこんなことしようとか思える、いいお家に住めるとしたら人生がもっと楽しめると思っています。
そういうお家を手の届く価格で提供することが出来れば、絶対地域の人たちの住環境のレベルが上がるはずだと思っ
んです。こういう住まい方を静岡、浜松近郊の皆様にひとつの提案として受け取って頂いてより豊かな暮らしを考え
て頂けるきっかけになればと思ってこの事業を始めました。

 

FREEQ&Bino

~出会い~

  わたしたちが住宅事業の立ち上げを考えているとき、たまたま当社とご縁があって このFREEQ HOMEやBinoを展開する会社と繋がりができました。 モデルハウスを見学させて頂いたところ、まさに『これだ!』と感じました。 私たちが考える『無理なく買える価格帯で、ワクワクとかドキドキできる家』、 『家に帰るのが楽しい、人生がもっと楽しめる家 だと実感し、早速取扱契約を結び静岡県初のLOAFERモデルハウスを建てることにしたんです。
 

 
この家だったらもう、当社の女性スタッフもモデルハウスで待機するのが全然嫌じゃないんです。音楽聴きながら、お客様を待ったり、掃除したり、いろいろなツールを作ったりするお仕事をすごく楽しんでやってくれています。 それは、この建物の空間がなせる業だと思っています。   例えば、カビだらけの陰気ないけてない空間で働くってことになると、気が重 くなると思うんです。だけどこの家では生き生きと働いてくれています。 そんな空間ならお客様もきっとワクワク、ドキドキできて建てたあとの生活を楽しんで頂けるはずです。

~家づくりは料理に似てる~

家づくりはある意味、料理と同じだと思うんです。いい食材といいレシピがあったとしてもシェフ、つまり作り手によって味が変わるという経験はありませんか?言ってみると家づくりにおけるレシピは設計図、食材というのは建築資材、シェフは建築会社です。同じ材料同じ、レシピを使っても最終的にはシェフで味が大きく変わるわけです。

 ~お客様のよきパートナーになりたい~

お客様にとって、よいパートナーとなる建築会社とはどんな会社でしょうか?例えばえば現場を見て「この大工さんの仕事は最高!」ってそんな目利きのできるお客様は少ないと思いますので、その会社の信念とか、会社が目指している家づくりとかそんな根本を聞いてみて下さい。何のためにこの事業をやっているとか、この事業を通じてその当社はこうなりたいとか、そういう芯のしっかりしている会社は、目の前の仕事に絶対手を抜かないものなんです。そこで、「御社の売りは何ですか?」と聞いたときに、「価格が安いことです」とか「棟数沢山やっているとこです」という感じの会社よりはやっぱりいい家を作ろうと信念を持って仕事をしていう会社のほうが絶対いい家を作ると思っています。家づくりで何が一番大事かというと家づくりを託す会社選びだと私たちは思っています。

 ~MKhomeの注文住宅~

MKhomeはFREEQ、Binoだけではありません。いままでの公共建築、民間住宅の経験とFREEQで学んだデザイン性、合理性を合わせお客様のご要望に答えられる注文住宅を作っていきます。お客様のご要望にじっくり耳を傾けご満足頂けるご提案をさせて頂きます。

 

わたしたちの想い


MKhomeの家を気に入って建てて頂いたお客様が住み始めてからさらに家に愛着が湧いて20年、30年この家に住んで頂き、いい歳のとりかたをして頂けたらいいなと思います。ワクワク、ドキドキ出来る、帰るのが楽しみな空間でずっと暮らし、素敵な年の取り方をして頂きたい、人生をトコトン楽しめる暮らし手に入れて頂きたい。MKホームは、そんな暮らしをお客様ができる家を手の届く価格で提供したい。そんな思いで家づくりをしてるんです。